中東留学の道〜きっかけ編〜(りん)

こんにちは!りんです。今回は、何がどうなって中東に留学なんて行こうと思ってしまったかを明かします!真面目に正直に書いていくので読んでいただければ。

 

目次

 

まだご覧になってない方はこちらもぜひ。

 

b-girls.hatenablog.com

 

きっかけとなった小説

中東に興味を持ったきっかけはいろいろありました。でも中東を学びたい!と思い至ったいちばんのきっかけは、イスラエルパレスチナ問題を知ったことでした。

 

高校の時、世界大戦時のユダヤ人の子供たちを描いた物語、”Star of David””Once”に出会いました。

www.barnesandnoble.com

これは英語の本ですが、別に帰国子女ではないです😅一冊読むのにかなり苦戦しました…

高校の時英語の本をひたすら読むという「多読」の授業があって、そのとき担任でもあった英語の先生が紹介してくださった本が上記の本だったのです。

だから、本当にたまたまの出会いで、それがなかったら今全く別の道にいるかもしれない…と思うとすごいですね~🤔

 

特に覚えているのが、”Once”のあるシーン。ネタバレになってしまうので詳しくは言いませんが(安心してください~)、

 

なぜ子供たちは、何もしてないはずなのに、こんな経験をしなければいけないのだろう。

なぜ人間はこんなふうに残酷になれてしまうんだろう?

 

理解できない、したくないような出来事が描かれたシーン。

ページをめくるのさえもままならない。

 

それほど衝撃で、読み終わってもこの問いが頭の中から離れませんでした。

普通だったら、その時はすごく心に響いても、しばらくしたら内容も忘れちゃうことの方が多いのにね。

 

 

しばらくしてイスラエルの建国中東戦争をはじめとした歴史を学び、それについて論じた社会学的な本や、文学作品にも出会うこととなりました。

 

人間である意味とは何だろう。

ただ生きていることなのか、もっともらしい死に方をするということなのか。

 

そんなことを繰り返し考えて、大学では平和研究を専攻することを決意しました。

こんな感じの考えなので、学んでいることは哲学に近いかな。

 

イスラエルパレスチナ人と会って…

今までの流れの中で、イスラエルパレスチナ問題に関心を持ったきっかけは説明しましたが、この段階では「いつか現地に行ってみたいなあ」くらいの気持ちだったかなと思います。

 

休学までして現地に行こうと思い至った理由は別にありました。

学生会議に参加して、何人かのイスラエル人・パレスチナ人と会ったことがあります。そうして実際に会った経験というのが、やはり大きかったなあと思います。

 

そこではイスラエルパレスチナ紛争をはじめとして、紛争がどのようなものであるのか、紛争の原因は何か、ということについて議論します。私はそのとき、目が開ける思いをしました。

 

私は高校の頃から平和や紛争について考え、大学でもしっかり学んできたつもりでした。だから「私はある程度この問題について知識がある」と思っていたし、「自分なりの平和観に関する意見も言える」と思っていました。

 

けれど、イスラエル人・パレスチナ人の紛争体験を聞いている中で、

「私は本当に紛争をわかっている、といえるのかな…」

と思わざるをえなかったのです。

 

私が今まで学んできたことといえば、

イスラエルパレスチナの政治体制や、衝突の名称や年代、規模、死傷者数、その後に結ばれた条約、周辺国との関係。そういったことばかりでした。

 

そこに具体的な市民の姿ははっきり見えていなかった。

どのような暮らしをして、何を思い、日々生活を送っているのか。

 

政治体制を考えることももちろん必要不可欠なことだとは思っているけれど、政治より前に、人々が日常生活を営んでいるということがある。それを見逃して良いのだろうか。

紛争を前にして生きるということ。それによって、現に苦しみを感じている人がいるということ。

 

このことを考え続けていかなければならない、これを見逃して、平和を語ることなんてできない。直感的にそう思ったのです。

 

もうその時点で、留学に行かないという選択肢は私の中で消えました!(笑)行かないまま卒業したくないって。

でもさすがに明日からいってきます!なんてならないので、どうしたら行けるんだろうと考える。お金もかかるし、親を説得しなきゃだし。

そこで、〔トビタテ〕という奨学金制度の情報を知ります。これしかない!と思い、これを目指して半年くらい猛進する日々が続くことになります。あれはいろいろつらかった…そのことについても後々書いていこうかなあと思ってます。

tobitate.mext.go.jp

 

 

f:id:b_girls:20190907093957j:plain

【またもやクルドレストランに行った時の写真です。かわいい。】 

 

次の投稿をするときはもう現地にいるかもしれない~ではではまた✋

Have a good day!

(りん)

 

University of Leicester(レスター大学)/英国#RI

 

こんにちは!RIです🥺

 

Leicester、読み方はレスターです。

ちなみに私はレイセスターと呼んで馬鹿にされたこともあります(笑)

 

そして現在大学3年生の私ですが、1年生の夏に英国にあるレスター大学のサマースクールでEnglish Literature(英文学)を学びました。

 

ロンドンから特急で多分1時間くらい。

本当に私適当だから調べて!(笑)

 

レスターの街の写真🤳🤳🤳

f:id:b_girls:20190826000857j:image

f:id:b_girls:20190826002941j:image
f:id:b_girls:20190826002945j:image

 

が、、しかし…もともと詳しかったわけではなく、ただシェイクスピア(名前だけ)に惹かれていただけなんですよね。

 

なぜにこの人こんなに有名なの?的な感じ。

授業中にシェイクスピアを読んだり、シェイクスピアの街として知られているストラトフォードアポンアイボン(フランス語てきな)を訪れ、劇を鑑賞しました。

f:id:b_girls:20190826001006j:image

 

これを言ったら英文学大好きな方に殴られそうなのですが、どうも当時の私の腐った脳みそでは小説の世界を理解出来ず、毎晩友達と遊んでました。

 

卓球、ビリヤード(ド下手で未だに出来ません)、ダーツ。あとはレスターと聞いたらサッカーを連想する方もいると思うんですけど…私はさっぱりなのでルールを教えてもらいながらサッカーを観戦したり、恋話をしたりして楽しんでましたね。

まあこの恋話がなかなかエグくて…絶対本かけそうなんだけど、ちょっとバッドエンド的な展開になってしまったので残念。。。

f:id:b_girls:20190826000757j:image

 

 

まあ異文化にたくさん触れましたね。

 

例えば…

少人数のクラスで20分ほど遅れた場合、あなたは何と言いますか?

 

 

多分皆さん「すみません、遅れました💦」と一言謝罪をすると思うのですが…

 

とあるエジプト人は、「おはよう。」と言って入ってきましたね。(何食わぬ顔で…)

私の心の中は、罪悪感ないんかい!すごいわwwみたいな感じでしたね。

 

まあそのあと先生からは嫌味を言われたので、謝ってましたが…

 

あ、あと私少し不快に感じたことがあったんですよね。

授業中に歴史の問題を出されて、誰も答えられなくて…そうしたらいきなり私にどう思う?って振られて。。

 

「いや、分かりません、忘れた。」的なことを答えたら、「日本人なのに勉強できないの?」みたいに言われたことは今でも覚えている。(私の言い方が悪かったかもしれないけど)

 

しかし少なからず、日本人=勤勉、ガリ勉的なイメージがあるんじゃないかなって思った。

 

確かに優秀な人いっぱいおるけど!!!みんながみんな勤勉なわけじゃないんじゃあ!!と心の中で叫んだんだよね。

 

それに付け加えると大人しいっていうイメージもあるみたいで。仲良くなったイタリア人、スイス人、台湾人の女の子に「日本人っぽくない」って言われたこともあるんだよね。

多分割と我が強いタイプ(高校で鍛えられた?いや、元から?)だったからかな🤔

まあ割と〇〇人だから〇〇とかっていうイメージは簡単に崩れるんだなって。

 

さらに言えば、ロシア人笑わないは嘘で、普通に笑ってたな〜(笑)

固定概念ぶち壊れの連続だったレスター生活でした。

 

 

この大学のことで何か知りたい!って思ったらコメントやらインスタでDMビュンビュン飛ばしていただけたら答えます(・∀・)

 

f:id:b_girls:20190826001755j:image

 

最後にりっちーが好きなドビー載せとくね!!

 

明後日からベトナム🇻🇳とマレーシア🇲🇾行くんだけどなんも準備してないwやばい

 

ばーい.RIでした!

メンバー紹介ラストは...🇹🇭!!

サワッディーカ!🙏

f:id:b_girls:20190824223503j:image

タイで大学生をしている Fah(ฟ้า) です🧚🏻‍♀️

※Fahは私のニックネームで、タイ語「空」という意味です。

 

私は日本の高校を卒業後、

タイの大学に正規で入学し、

気づけばもう3年生!!!

時の流れは本当に光の速さで過ぎ去っていきますね。

 

日本にいる私の友達にも、

海外に学びに行く子が増えてきました。

 

そこでこの度!!

高校時代の友達と一緒に、

ブログを始めることになりました✨✨

 

それぞれ違う地域、文化、テーマのもと、

個人的な観点で自由に書いていく予定なので、

楽しく、気楽に見ていただけたら嬉しいです。

 

ほんの少しだけ、自己紹介!

【マイブームのタイ料理】

クンチェーナムプラー(กุ้งแช่นำเปลา)

f:id:b_girls:20190824234345j:image

生エビ激辛ソースがかかったものです。

もう見るからに辛そうですね。

 

元々生魚も辛いものも苦手な私ですが、

在タイ3年目にしてやっと!

タイ人の言う”辛さというおいしさ”

がわかった気がします。笑

 

1年生の時は、

泣きながら激辛ソムタムを食べる友達を見て、

「なぜ自分で自分を苦しめているのだろう」

と疑問に思っていたのですが、

辛すぎて痛すぎて涙が出るけど、

でもその辛さこそがおいしい!!のだと、

最近になって思えるようになりました。

 

これがここ2年間での一番の成長かもしれませんね。😅  (成長というより感覚麻痺...?)

 

それはともかく、

''タイの人と同じようにタイを楽しめるようになる''

というのは、すごく嬉しいことだなと思います。

 

日常の些細なことから少し真面目なことまで、

大学生かつ在住ならではの目線から見たタイを

ぜひ楽しんでくださいね!😆💫

 

カナダ留学まで2週間♪(りっちー)

みなさんはじめまして!!!

このブログの運営者の1人、りっちーです😇

 

国際色豊かなB-GIRLS ですが、、、、🌍

私も今年の9月から1年半、カナダ留学します!

 

いよいよ残り2週間ちょっと・・!

 

ワクワク💙ドキドキ💜

不安と期待が入り混じった気持ちです🌈

 

 

ってことで、今回は私の留学計画について少しお話しします。

 

目次

 

 

 

留学の活動内容

 

こんな感じです

  • 小学校でボランティア(1年)
  • カレッジに通う(半年)
  • 大学に通う(半年)
  • インターンシップ(半年)

 

これをどう1年半で終わらすんだよって思った方がほとんどだと思うんで、

簡単に説明すると、、

 

  1. Vancouverで1年ボランティアしながら、同時に半年ずつ、カレッジ大学に通います。
  2. その後、Torontoで半年間みっちり働きます

 

という流れです。

伝わったかな・・??

 

 

なぜ留学するのか?

 

WHY 留学?? ✈️

WHYカナダ??✈️

色々疑問があると思いますが、そちらも詳しくブログで後々明かしていきます!!

 

とりあえず今日は、留学のテーマだけ↓↓

 

Q.なんのために留学するの??

A.「多様性理解を深める方法」を導き出すため。

(詳しいことは後々!)

 

Q.え?どうやって導き出すの??

A.国際関係教育学の視点から研究します。

多文化国家と言われている「カナダ」に住む人々が、どう互いの「価値観」や「考え」を尊重しあっているのかを探ります。

 

 

 

留学テーマ「多様性理解」について

 

私の考える「多様性理解」の真の意味とは、「互いの文化を理解している」ことです。

ここでの「互いの文化の理解」というのは、互い文化を認め合った上で、一方的に片方の文化を受け入れるだけではなく、両者の文化の交流と保護を指します。これは別の言い方をすれば、「多文化共生社会」が目指す形を指しています。🤗

つまり、、

その形をどうつくるのかをカナダで学び、真の意味での多様性理解を達成します。そして、理解したことを日本に持ち帰ることで、私の長期的な目標である「日本で多文化共生を実現させる」という目的の実現を可能にします!💪

 

 

ところで、上の文ですが、わざと主語を外しました。

 

一体「の文化か?」「両者って何と何?」、、疑問にもたれたかと思います。

私が今回の留学で対象とするのは、大きく分けて2点です。まずは大きな視点、つまり「国家間の文化理解」。そして2つ目は小さな視点、つまり「個人間の文化理解」。個人間についてはさらに分類していますが、主に「子ども」に着目します。他には「人種」「民族」「宗教」「ジェンダー」などの視点からも研究していきたいと思います。

 

 

私がこのブログで書きたいこと

 

今後みなさんに発信していきたいのは、主に、

  • カナダでの留学について(生活・学んだこと・感じたことなど)
  • 多様性理解について
  • 留学」について

 

です!

 

最後の「留学」についてですが、

このブログを通して、私はみなさんに「留学」について少しでも関心を抱いてほしいと思っています。✈️✈️✈️

これから、様々な「留学のカタチ」「学情」などを紹介していきますので、

留学についてお悩みの皆さん!この後も是非、B-girlsのブログを読んでみてください!

 

コメントお待ちしています♪

ではまた近いうちに👋

f:id:b_girls:20190822214505j:plain

好きな食べ物はラーメンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中東留学への道〜自己紹介編〜(りん)

はじめまして〜!りんです☺︎ 

私はこの9月から =中東留学=  に行きます!

 

ひとまず

ヨルダン・パレスチナイスラエル

渡航予定です!

 

「え、中東…に行くの?危なくないの?😅」

 

 

そんなことを私は何百回も言われました。笑

 

 

たしかにニュースで入ってくる情報は、

テロ、紛争、過激派、汚職、難民…そんなことばっかり。

 

でも!!!

 

今まで少なくとも20人は中東出身の人に出会ってきた中で、気付いたことがあります。

 

ニュースは〈物事を単純化した切り取り〉なんだということ。

 

同じ景色でも、どこから見るかによって見え方も感じ方も、全く違うと思います。

 

例えば正面からは球に見えても、横から見ると長方形に見える図形がありますよね!

イメージとしてはそんな感じです👀

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の実体験を伝えると、

ニュースでイスラム過激派が取り上げられる。

イスラム教徒が「あれはイスラム教の教えとはかけ離れた行為だ」と言う。

 

イスラム教の国ってみんな教えに即して生活を送ってるのだろうなあ。」

 

でも実際、

 

「宗教は伝統みたいなもの。家族がやっているから自分もそうしているだけ」

「私は特定の宗教を信じているわけではない」

 

と言っているような、

世俗的な立場の人と出会うことの方が(私個人の体験としては)多く、

 

あれ、ニュースのイメージと違うなあ…

なんでこんなイメージを持っていたんだろう…

と考えさせられることもしばしば。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

たぶんニュースの特徴は最新性にあるのかなあと。

そもそも図形の全体がどのような形をしているかということよりも、

今、その図形が私たちからどう見えるかということを伝えるのに長けているのかなと思います。

 

すると当然、

図形の全体 = 人々の日常的な暮らし

が切り取られて映し出されなくなってしまうのではないかなと。

 

特に中東は、非常に高い……言語の壁もあるので…(辛い)、

 

現地に行って学ばなければ! という考えに至ったのです。

 

f:id:b_girls:20190907094301j:plain

バクラヴァ!とチャイ💕😋 @クルドレストラン

こんな美味しいスイーツもあるんです~!】

 

 

中東留学は全体の留学において1%しかいないという中で(改めて考えると本当にマイノリティ😅)、

私がこれから得る経験を私だけのものにしておくのはもったいない。少しでも多くの人に多くの側面を共有できたらいいな、と思います!

 

というわけで、高校の友達と一緒に、ブログを開設!

留学の様子をこれからアップしていきたいと思います👏

 

 

なぜここに留学し、何をするのかは、長くなりそうなので…次の投稿で書いていきたいと思います🌸

 

ここでは軽く自己紹介をして終わりにしますね↓↓

 

《自己紹介》

○専攻:平和研究🍀

 

○ゼミ:西洋哲学&脱成長の分野のゼミをかけもち

 

○興味分野:平和、哲学、脱成長、地域主義、サステイナビリティ、農業、中東、イスラエルパレスチナ、難民などなど

 

 

f:id:b_girls:20191125050213j:plain

趣味は散歩👣とみかんの食べ比べ🍊です〜いちばん好きなみかんはでこぽん。

 

これについて書いてほしい〜とかリクエストあれば教えてください😊ではよろしくお願いします◎

 

(りん)

 

イスラームとは何か。-自己紹介-#RI

 

     はじめまして、イスラーム好き?のRIです!(何人かでブログを書いているので一応イニシャルで)現在日本のとある大学に通う三年生です。

 

    イスラームとは何だろうか。まずは私自身にとってのイスラームの話をしたい。

 イスラームと聞くとテロ、怖いといった印象を抱く人は多いのではないだろうか。実際私自身もそういったイメージを抱いていた。高校生のとき(2015-16年くらい)に、IS(いわゆるイスラム国)の活動が毎日のように報道されていたこともあり、イスラームは他の宗教を認めない野蛮な宗教だと決めつけていた。


 しかしある時、一冊の本📚に出会う。「イスラム国 テロリストが国家をつくる時」(ロレッタ・ナポリオーニ著、村井章子訳)である。

    この本には、誰が、何を掲げたのかはもちろん、何故このジハードを起こしたのかという理由まで記されていた。(内容が気になりすぎて授業中に読んでしまったことは今でも反省だが…。) イスラム国が行った卑劣な殺害行為は決して許されることはないが、ここで強調したいのは「何」がそれを引き起こしたのかというファクターが重要なのだ。

    テロ自体の行為「怖い」といった感情は消えることはないが、知らないという怖さは薄れていった。もしかしたら私たちは知らないからこそ「怖い」と認識してしまうのかもしれない。(少し古いかもしれないが、ぜひ大学生にはこの本を読んでいただきたい。🙏)


 そして大学一年生の夏に、エジプト🇪🇬出身のムスリムの女の子に出会った。今思えば少し失礼だったかもしれないが、「イスラームではキリスト教などの他の宗教のことはどう思っているの?」と尋ねてみた。

    そうすると彼女は「よく誤解されるし、これは人によって考えは違うかもしれないけど、私は他の宗教の神も認めることがイスラームの信仰の始まりだと思う。」と答えた。そして続けて「異教徒だという理由で残虐続けるテロリストはイスラーム教徒ではない。彼らはただの人殺しだ。」と言い放った。

    いつも笑顔だった彼女を感情的にさせてしまった自分に対して深く反省するとともに、「イスラーム」で一括りにすることに対して恥ずかしさも覚えた。

 

    ⚠️大学二年はバイトに明け暮れたため充電期間だと考えたい。


 月日は流れ、現在大学三年の私は「社会学から観光を学ぶ」というゼミに所属している。(また違う機会に説明したいほど特殊なゼミで、日々苦しんでいる。)そのゼミの活動を通して「イスラーム」について学問的に学ぼうという決心をする。その際にイスラーム=テロといったイメージをどうにか変えることは出来ないのかと考え、イスラーム文化、アラブ文化、マレーシア文化、といった様々な文化面(食、服、音楽など)を紹介したいと思った。

    そして、インスタグラム📸でハラルフードの投稿を始めました(笑)一応テーマとしては「「食」を通じてイスラームを観る。」を掲げている。(@r_halal_i)

 

これはマトンビリヤニ!少し辛かったな〜

f:id:b_girls:20190824152135j:image

 


 そしてこの夏(2019年)は、マレーシア🇲🇾に行く予定だ。そんな私は将来、イスラーム世界と日本をつなぐ活動がしたいと考えている。アラビア語を必死に勉強しているがいつまでたっても赤ちゃんレベルなのでどなたか教えていただきたい…泣泣