ここに来たくてヨルダンに来た!Greening the Desert Project見学記録(ヨルダン・りん)

Farm Report Vol.1 Greening the Desert Project in Jordan [English follows]

f:id:b_girls:20210912211143p:plain

トビタテの事後研修が終わり、刺激を受けに受けまくったりんです。やる気が満ちている間に、2年も書き溜めていた(!)Farm Reportを続々投稿していきます。

Farm Report第一回目は、ヨルダンのGreening the Desert Project のファームを訪問した記録です。ここはヨルダン川西岸に近くのカラカラの土地。数年前から砂漠の緑化と題してパーマカルチャーを取り入れた農業を振興しています!

 

その後のReportではヨルダン、イスラエルのファームの記事も投稿していきますのでお楽しみに。

 

目次

 

初回の訪問は、ファーム内の女性がツアーをしてくれました。なんとパレスチナオリジンの方だった。ヨルダンの死海の近くの地域は、戦争などで避難したパレスチナ難民がけっこういる。このファームではそういう難民となってしまった人たちの雇用創出も意図しているみたい。

海外からパーマカルチャーを学びに来た研修生もちらほら。胸熱な予感です。

 

www.greeningthedesertproject.org

 

What is Permaculture?

パーマカルチャーpermanent culture / agricultureを掛け合わせた言葉。パーマカルチャーの創始者のビル・モリソンは、パーマカルチャーのことを「人間にとって恒久的に持続可能な環境をつくり出すデザイン体系」だと言っている。

農業を始めるとき、化学肥料や農薬をとりいれたり、大量の水や電気を使ったりしなくても、現にある資源を最大限活用する方法、それがパーマカルチャーだと私は解釈している。資源のアクセスが得にくい土地(今後の地球はどんどんそうなっていきそう)でも、パーマカルチャーなら働く場所も食べ物も生み出せる!と可能性を感じている。

詳しく知りたい!という方には、以下の本が写真と図でわかりやすくておすすめです!

books | 東京アーバンパーマカルチャー

 

ロケーション

Greening the Desert Projectが展開されているファームがある死海のすぐそば(Dead Sea Valley)まで、アンマンから西へ1時間ほどTAXIに乗る。TAXIのおじさんテンション高くて、ミントティー奢ってくれたり死海の側の谷で写真撮ってくれたりした。

Dead Sea Valleyはなんと世界で最も低い場所。低地という土地柄、夏は厳しい暑さだけど秋冬は過ごしやすい(つまり死海観光は秋冬がおすすめ!)。また雨季の冬には雨水が溜まるので土砂崩れの危険もあり💦植物が植えてあることで土砂崩れを防げるので、作物を育てる意義が大きいのです🌳

Location 

Dead Sea Valley  is the lowest slope area in the world. It’s baking hot in summer.. but it’s comfortable in autumn and winter. In the rainy season, which is winter, the rainwater pools on the ground. Soil erosion can be prevented if more plants that store water grow.

f:id:b_girls:20210912212322p:plain

乾燥に強いナツメヤシ/palm tree

 

建物のデザイン

敷地には、ファームと建物がある。建物の素材は泥のレンガ藁のレンガ太陽光と反対の方向に建てられているので、夏は涼しい冬は暖かい。

この建物はPermaculture Design Certificate Course (PDC)のクラスルームとして使われる。コースを終えると、資格も取れるようになっている◎

Design of the building 

The building is made from mud blocks, Straw blocks. Because this is built against the sunlight, it is cool in summer and warm in winter. The building is used for the classroom of a Permaculture Design Course (PDC). The students who finish the course can obtain the certificate:)

f:id:b_girls:20210912213302p:plain

ちょこっとはげた壁から素材が見える👀/straw inside the wall

 

自然のろ過装置💧

建物内のキッチンやシャワーの排水。これを自然の力でろ過する。

砂利砂利という3ステップでろ過。葦は根っこで水中をろ過する役割がある(だから環境保全のために日本でも葦を保全しようという動きがあるみたい)。

ろ過された水は、ファーム内の水やりに再利用される!

Gray water filter 

There has a natural filtering system for gray water from a kitchen and shower. It uses gravel and reeds. Reeds filter the wastewater (so that some preservation campaigns of reeds are going on in Japan). 

3 steps: Gravels→ reeds →gravels (from the right side as you can see in the picture below)

The filtered water is used for watering plants. 

f:id:b_girls:20210912213437p:plain

ろ過装置と葦/filtering system and reeds

 

f:id:b_girls:20210912213546p:plain

ろ過された水はこの蛇口からでてくる/filtered water comes from this tap

f:id:b_girls:20210912213657p:plain

アラビア語と英語の説明。見えるかな?/Explanation in Arabic and English

 

コンポストトイレ

トイレもパーマカルチャースタイル。トイレでは藁と一緒に流して肥料として活用できるようにする。3か月経過後に外に移動し、1年かけて肥料となる。臭いが気にならないよう改良中らしい。この肥料は、ニトロゲンの木の良い栄養になる。

(ちなみに中東地域は、トイレットペーパーは一緒に流さず別のゴミ箱に入れるスタイルが多く、ここでもそれが採用されている)

Composting toilet

The farmers see everything as valuable! There are composting toilets on this farm. The straw in the blue box is to be used when flushing to make manure. Toilet paper should be put in a trash box. After 3 months, the waste is put outside. In a year, it becomes soil compost which is good for Nitrogen trees.

 

f:id:b_girls:20210912215141p:plain

コンポストトイレ/compost toilet

 

フルーツとニトロゲン

ニトロゲンの木とフルーツを一緒に植える。ニトロゲン(窒素)はすべての植物の葉や茎の育成に欠かせないので、市販の肥料でも含有量が重要視されている。茎や葉が丈夫になるほど、フルーツは甘くなる。ニトロゲンを供給することができる木をフルーツの木のそばに植えれば、効率よく育てられる。

Fruit tree and nitrogen

Fruit trees are planted with nitrogen trees on this farm. Nitrogen is essential for making the leaves and stalks, and this makes the fruits sweet.

 

f:id:b_girls:20210912215654p:plain

レモン/lemon

 

羊と鶏の共同作業で作る肥料

羊と鶏のふんをマルチと草で混ぜたら、に耕しのを協力してもらう。

鶏のケージの下に敷き、鶏に歩いてもらう(1週間)→ケージの奥に移動させる(1週間)→…5回ほど繰り返し→肥料に!

これも、フルーツにとって良いコンポストに。

なおこのファームでは、この肥料や若いフルーツの木を売り出しており、地元の人がパーマカルチャーを手軽に実践することができるようにしている。

Manure of sheep and chickens 

Mix the waste of sheep, chickens, multi, and grass. For 1 week it is put under the chicken cage so that they cultivate it by their feet. After a week, it is put in the inner cage for another week. Repeating this process about 5 times creates good compost for fruits. The local people can buy this and baby fruit trees from this farm. They can take a shot at farming in a permaculture method!

 

f:id:b_girls:20210912220044p:plain

羊のふんを肥料にする/Sheep manure

f:id:b_girls:20210912220107p:plain

鶏のケージの中/Inside the chicken cage

f:id:b_girls:20210912220229p:plain

刈った雑草などはリユースされる/Reuse the cut grass

 

マルチ

刈った草などで土を覆うこと。これによって土の中の水分が蒸発することを防ぐ。乾燥地においてかなり役立つ工夫!

「マルチ」と日本語で検索すると、ビニールやポラエチレンを使って覆うことと出てくる。けど、わざわざそれを買わなくても抜いた雑草を敷くだけでできる簡単な方法😊(ゴミも出さずにすむ✨)

Multi

Covering the earth with cut grass is one of the easiest permaculture methods. It prevents evaporation under the ground, which is significant, especially in this arid area. 

 

f:id:b_girls:20210912220517p:plain

木の周りにマルチを敷く/Multi is put around the tree

 

ミミズコンポスト

ミミズは生ゴミを栄養価の高い土に変えてくれる。ゴミを出さずに済むうえ、肥料を買わずにも済む。手順は以下の通り。

生ゴミをミミズコンポストの中に入れて、ブランケットをかぶせる→ミミズが分解してくれる→分解された箇所のブランケットを外す(ミミズが太陽の光を嫌うことを利用)→太陽にさらすとミミズがまたブランケットの陰に移動→分解…

生ゴミが土になる過程では、液肥が出る(Warm Tea / Warm juiceと呼ばれる)が、これもなんと活用できる。液肥を葉っぱにスプレーすると植物がよく育つそう。

なおミミズはどのミミズでも良いっていうわけではなくて、このファームにいるミミズは、ファームの女性によるとアメリカからビザを取得してヨルダンにやって来たらしい。

Worm compost

Worms create good soil with food waste. Worm compost reduces the amount of waste and cuts the cost of fertilizers. Great work indeed.

Worm compost has two parts:

1st part: Leftover, 2nd part: manure

First, cover the leftover with a blanket. After worms decompose it, uncover the finished part. Since they don’t like sunlight, they move to the shade side.

In the process of decomposition, the liquid is generated, which is called worm tea / warm juice. This is useful as a spray on leaves. The disease of plants will be fine with it. 

The worm in this farm came to Jordan all the way from the US with a visa😂 Working visa?

 

f:id:b_girls:20210912220755p:plain

キッチンから出た生ごみ/Food waste from the kitchen

f:id:b_girls:20210912220904p:plain

ミミズの液肥をバケツで貯める/Warm juice from the upper box to the bucket

 

ウィッキングベッド/貯水型苗床

少ない水でも作物が育つ灌漑技術。ヨルダンのような水が貴重な土地では大活躍。

箱の中には水を通る管があり、直接植物に水を与えず管から水やりをする。

管から水を注ぐ→水が砂利の層を通る→その上の土の層にたどり着く

表面の水分が抜けて乾燥したり、雑草が生えるのを防ぐために植物の周りはマルチで覆う。

この方法が最も効率的に水を与えることができるから、水の利用を最小限におさえられる◎もし水をやり過ぎても大丈夫!ウィッキングベッドの下の蛇口がついており、水量を調整できる。

Wicking bed

This is a method to maximise the potential of water by using the minimum amount. It has a water pipe inside the box, and water is given from the pipe.
Watering from the pipe → Going through the gravel layer → Going through the soil layer
To prevent evaporations and weeds from growing, multi is covered around the plant.
Extra water can be discharged from the tap attached to the wicking bed. This protects against the decay of the plants.

f:id:b_girls:20210912221018p:plain

説明の表記/Explanation of Wicking beds

f:id:b_girls:20210912221223p:plain

パイプから水やり/Watering from the pipe

f:id:b_girls:20210912221353p:plain

蛇口から水量を調節できる/Tap to adjust the amount of water

 

 

ツアーのおわり!

ここまでついてきてくれた方ありがとうございました~!パーマカルチャーのイメージはつかめましたか?ちょっとした工夫から始められるものが多いから、挑戦しやすいのも特徴かなと✿

現地のツアーの終わりは、併設のカフェでドリンクをごちそうになりました。オーガニックらしくない青い危ない色をしているけれど、お花の自然な色をつかっているらしく、安心(笑)

なお、ファームの中の作物は全てヨルダンの種子にこだわってるそう。まさに、砂漠の中のローカリゼーションの活動の中心地でした!盛りだくさんで、大満足。

 

This is the end of the virtual tour of the Greening Dessert Project! Last but not least, all species there are originally from Jordan. This farm is the exact hub where the idea of 'localisation' is put into practice! Recommended paying a visit if you are interested in ;)

 

f:id:b_girls:20210912223358p:plain

併設のカフェでまったり/sweet break after farm tour
Further reading..👀 ここにもパーマカルチャーと平和の信念が詰まってます。 https://tokyourbanpermaculture.com/2021/09/12/911-20-years-later/

(りん)